【初心者向け】Facebookの基本的な使い方

Facebook

FB登録画面

Facebookを利用し始めると、色々な機能がついていることに気付くと思います。Facebookは特にこれまでWebコンテンツに関心がなかった層まで広がってきており、フリーランスの方や独立事業者、起業家の方まで多くの人が使うSNSに発展してきました。

Facebookの基本的な使い方

そんなFacebookですが、大きく分けると使い方が3つあります。

  1. 個人で利用する
  2. グループページとして利用する
  3. Facebookページとして利用する

通常、”Facebookを使っている”と言えば、1を指しますが、1だけではなく、2,3の使い方もあります。それぞれ利用方法や一部機能の違い、どういった場面や状況で使うべきか、またそれぞれを使うメリットも異なってきます。また利用に際してはできること、禁止されていることもありますので、その辺りを見極めながらどの使い方がよいかを考えなくてはいけません。

その一方で、一般的にFacebookを利用するという場合、1の個人で利用するというのがほとんどです。なのでまずは、個人で利用して見ましょう。

Facebookを個人で利用する

まずはもっとも単純な個人で利用する場合です。誰かに「Facebookやってる?」と聞かれた場合、この個人で利用することを指しています。そもそもFacebookは、学生間の交流のために作られたものであり、個人間での交流メインのSNSとなっています。なので、個人で利用する場合、基本的な機能は全て利用できることになります。なので、もしFacebookをやったことない方はまずは個人利用して、基本的な使い方を知ることが大事になってきますね。

Facebookの基本仕様

まずはFacebookの基本仕様を理解しましょう。

実名登録

まず、最初に理解しておきたいのがFacebookは実名登録しないといけないという点です。Facebookは他のSNSと違い、リアルな友達や友人との交流を図るSNSであるため、実名登録が必要です。実名とは、日本人の場合でいえば、漢字やひらがな・カタカナでの表記や、ローマ字による表記となります。

実名ではない場合、どうなるかですが、最悪はアカウントを削除される可能性があります。

FB虚偽

特に、有名人の名前をつけたり、明らかに偽名と分かるアカウントを作成した場合には削除される可能性が高いです。まずは実名登録しておきましょう。

複数アカウントの禁止

例えば実名登録でも、漢字表記とローマ字表記の2つのアカウントを作ろう!と考える人がいるかもしれません。1つは昔の友人との交流のため、もう1つは今の知り合いとの交流のために分けたいと思うかもしれないですが、複数アカウントは禁止されています。

Facebookの規約上も明確に禁止されていますので、違反した場合はアカウント削除される可能性がありますのでご注意ください。

サービス規約

商用利用の禁止

上記の実名登録と複数アカウントの禁止は比較的遵守している方が多いですが、こちらは意外と守っていない方が見受けられます。Facebookでは商用利用を禁止しています。

商用利用とは、自分の利益を得ることを目的に利用すること。つまり、個人利用で、何かお店や店舗のメニューを紹介したり、「◯%off」というようなことを書いたりするのは禁止です。これもサービス規約に掲載されていますので、違反した場合アカウント削除される可能性があります。

なお、これは個人アカウントで利用する場合です。Facebookページでは商用利用可能です。Facebookでは個人アカウントはあくまで個人の交流の場として利用することを前提としており、お店・会社・サービスなどの紹介・宣伝・広告にはFacebookページを利用するようにしています。商用利用したい方は、Facebookページを作成するようにしましょう。

Facebookページの作成はこちらも参考にしてください。

誰でもできるFacebookページの作成方法
個人でfacebookを使っているという人は多いかと思いますが、それではFacebookページを作っている人はどれだけいるでしょうか。自分の作っている製品や作品、自社のサービスや新商品のご紹介など、自らのFacebookの個人アカウントで発

 

これらは間違えると削除されたり、利用できなくなる恐れがあります。個人利用では実名で交流を楽しむものと理解しておけばそれほど問題ないかと思いますが、是非理解しておきましょう。

友達の投稿を閲覧する

さて、基本を理解した上で、早速Facebookを使ってみましょう。

まずアカウントを作成した後、多くの方は友達を増やしていくことになるかと思います。通常は誰かに誘われて始めたりする場合が多いかと思います。友だちを増やしていくと、その友達との交流ができることになります。交流と言っても何と思われるかもしれませんが、まずは友達の投稿を見ることから始まると思います。友達の投稿に対してできることとしては、下記の機能が存在しています。

  • ニュースフィード・友達のページで友達の投稿を見ることができる
  • 投稿に対してコメントできる
  • 投稿に対して「いいね!」ができる
  • 投稿をシェアできる

これらは他のSNSでも同様な機能がついていることが多いですが、Facebookでも友達の投稿を見ることができます。ポイントは、コメントと「いいね!」とシェアの3つです!

コメント

気になる投稿については、コメントができます。例えば、友達が○○に旅行に行ってきたという投稿に対して、「○○っていいよね!」とコメントするといった感じです。自分のコメントに対して、友達からもコメントが返ってきて、再びコメントすることもできます。

「いいね!」

Facebookの大きな特徴の1つがこの「いいね!」です。コメントすることもできますが、そこまで何か言いたいわけでもない。でも、何もないのも・・・というときには、「いいね!」を押してあげましょう。コメントもいいですが、この気軽な「いいね!」があることで、気軽な交流が可能となっています。

シェア

さらにコメントするだけでなく、「これは良い投稿だな」とか、「みんなにも広めてあげたい!」と感じた投稿はシェアすることができます。基本的にFacebookは友達同士の交流の場となりますので、友達以外の人と交流することには向いていません。ですが、「これはいい!」と思った内容の投稿を自分の友達に対してシェアすることができます。良いなと思った内容、みんなに知らせたいことは是非シェアしてあげてください。

自分で投稿する

友達の投稿を閲覧したら、おそらく自分も投稿してみたいと思うでしょう。投稿も簡単にできますので、是非最近あった出来事や、感じたこと、何かのイベントに参加したことなどを投稿してみましょう!

投稿はニュースフィードの一番上の「今どんな気持ち?」の部分に文章を書き、最後に「投稿する」ボタンを押せば投稿完了です。

FB投稿

なお、投稿する際には是非写真を載せるようにしましょう。写真を載せると、ニュースフィードにもその写真が載るので、とても見やすくなります。文字だけですと、少し味気なく感じてしまう場合もありますので、是非写真といっしょに投稿しましょう。

写真は左下のカメラマークから追加することができます。

タグ付け注意

タグ付け

なお、カメラの横に、人のマークがついていますが、これでタグ付けが可能になります。例えば写真に載っている人をタグ付けしたり、一緒にいる人をタグ付けして、友達に一緒にいたことを知らせることができます。ただ、タグ付けする場合は、予め許可をとってからタグ付けするようにしましょう。

人によっては、一緒にいたことを知られたくない場合や、その時に別の約束もあったけど、一緒にいた場合なども考えられます。タグ付けされてしまうと、その人のフィードにも載ってしまい、その方の友達にも知れ渡ることになります。場合によっては、勝手にタグ付けされて、迷惑している、という人もいますので、確認してから載せるようにしましょう。

場所の追加

Facebookではどこにいたかを載せることもできます。こちらはカメラなどある場所の一番右側のマークで追加することができます。両校にいったり、ちょっと出掛けた場合には、場所も追加すると、友達にも伝わりやすくなるかと思います。

アルバムの作成

写真アルバム

Facebookでは写真アルバムを作成することができます。例えば、どこかへ旅行して、写真をたくさん撮ってきた場合、その写真をアルバムにし保存しておくことができます。友達に見せたい時もアルバムを作成すれば、友達のフィードに載りますのでそれだけでみんなと共有することができます。友達と旅行にいった時の写真は、これを使えば共有できますので、便利ですね。

まとめ

今回は個人で利用する場合、特に初めてFacebookを利用する場合について、どんなことができるのかを書いてみました。会社で使いたい場合やフリーランスの方がサービスなどを紹介したい場合は、Facebookページを使うべきではありますが、個人での交流を深めることで、多くの方とより良い関係性を築くことが可能となります。

使っていくことで慣れていくと思いますので、注意事項を良く守って楽しく使っていくようにしましょう!

 

 

コメント

  1. […] → 【初心者向け】Facebookの基本的な使い方 […]

タイトルとURLをコピーしました