イメージで話すことと事実を話すこと

心理

「皆さんはイメージを持つことはありますか?」と聞かれればそりゃイメージを持つでしょ。と答えるでしょう。人間は誰しも何かしらの言葉を聞いた時に、何かのイメージを持つものです。

例えば、関西人と言われてどんなイメージを持つでしょうか。

陽気、ノリが良い、ツッコミ、おばちゃん、値切る・・・などなど。

何かしらのイメージを持っているかと思います。

言葉だけでイメージを持っている場合もあれば、これまで会ってきた人や接してきた人によって、関西人というイメージを持っているかと思います。

よくあるのは見た目で判断されるというやつ。見た目で、この人怖そうとか、優しそうとかイメージを持つのはよくあるかと思います。

いずれにしてもイメージを持つ、というのはよくあることで、それで人と会話ができるというのはとても面白いなぁと思います。

イメージは作られるもの?

ただ、イメージっていうのは事実とは異なります。正確に言えば、「合っている部分ももちろんあるけど、全然違うこともたくさんある。」という感じでしょうか。

よく例に出されるのは、少年の凶悪犯罪について。昨今、昔では考えられなかった犯罪が増えていると思っている人もいるかと思います。「昔はこんな犯罪なかったのに今の日本はどうしてしまったんだ?」と感じてしまうというやつです。

でも実際に少年の凶悪犯罪を調べてみると、実は戦後の方が圧倒的に多かったというデータがあります。そもそも僕らの世代はキレる17歳と言われる世代で、確かに中学から高校くらいにかけて、凶悪な少年犯罪が多く報道されていた覚えがあります。そんな時代からはや10年以上経っているわけで、それから比べたら、今はそこまでだな、というイメージを個人的には持っています。

いずれにしてもイメージというのは、外部(友人などからの口コミ、テレビなどマスコミ報道など)から与えられるものと、自分自身の経験からもたらされることが多く、事実とは離れていることも多くあるわけです。

でも人間はイメージで話したがる

じゃあ、人は事実だけで話をしようとするかと言われれば、そんなことはしないわけです。なぜなんでしょうか?

1つには事実を調べるのがめんどくさいからというのがあると思います。そもそも人が話している噂レベルのもののをしっかりと事実を調べて、なんてとても面倒です。芸能人の噂とかなら調べようにも調べられないことがほとんどでしょう。人のうわさからイメージが作られることもありますが、調べられない・あるいは調べようもないので、そのままイメージで語ることがあります。

2つめには、そもそも「想像を働かせる」という行為自体がとても人間的なもので、imaginationがあるからこそ、人間だと言えます。よく「想像力豊かな人」という表現がありますが、例えばとある絵を見て、感受性を働かせることなんかは、人としての重要な能力でもあるかと思います。何かを見て、これはああじゃないか、こうじゃないかと考える・想像することは決して悪いことではないです。逆にそういった力を身につけていくことが必要ともされています。

と考えると、イメージを持ち、それを話すことは人として感受性を高めることにもつながるので、決してただ悪いものだとは言えないでしょう。

また、共感というのもイメージで話すことに拍車をかけることになります。例えば以下のような会話。

「Aさんってさ、見た目けっこう派手な感じだけど、意外と静かな人だよね。」

「そうだよね。でもあーいう人こそ、家では亭主関白なイメージあるわ」

「それわかる!確かに亭主関白っぽいし。」

はい、これでAさんのイメージは亭主関白というもので共有されました。

会話の中で、それぞれが共感したことによって、事実とは異なるイメージが出来上がりましたね。ちなみに今回は人と人との会話でやりましたが、テレビなどでも同様です。自分が思っていたことやイメージしていたことが、テレビなどで同じように思っていたことをしると、それは世間の共通イメージだと思ってより周りに話してしまう、というのもありますね。

事実を調べろとまでは言わないけど一歩踏みとどまるのは大事

イメージというのは面白くもあり、人生を豊かにするものでもあり、しかしながら場合によってはウソをまき散らすことにもなってしまうわけです。イメージと事実が全く異なることもありますし、「20%くらいはその通りだけど、80%は違う」みたいに、一部合ってるけど、だいぶ違う、みたいなことも生まれがちです。

以前に情報のシェアの話題でも書いていますが、やっぱりイメージで話す際にも、それでいいのか少しでいいから考えて、ぐっと留まることが大事なんだと思います。

何でもシェアできる社会にシェアする危険性も考えてみた
現代は便利になったなぁ。そんなことを感じることも増えてきました。 個人的に言っても、子供の頃であれば出来なかったことが、肉体的や精神的な成長ではなく、単純に便利なツールや道具が増えたことで出来るようになってきたと思います。それこそ、ス...

事実を調べろ、というのは言うのは簡単ですが、現実には難しいことも多いです。それでも多少なりとも調べた方がいいですが、100%調べるのは厳しいでしょう。だからこそ、イメージで語る前に、一歩踏みとどまる気持ちが大事になってくるでしょう。

逆に話を聞く側からすると、イメージで話している人については、あまり真に受けないことも大事になってきます。本当にそのイメージは事実と正しいのかを判断していく必要があります。聞く側の情報リテラシーも試されていると考えた方が良さそうですね。

最後に

こんなことを書いてますけど、僕もイメージで物事を判断しがちな人間です。だからこそ、イメージで語ってしまう時には気をつけなければと思っています。変なイメージをつけられて嫌なことも経験していますし、逆にそういった場面を自分もやっていたんじゃないかとも思う訳です。

事実だけで語るというのは大変ですし、そもそも事実とは何かというところにも色々なバイアスがかかってしまうわけで、事実だけを語ることは不可能に近いでしょう。ただ、少なくともイメージで語ることと事実を語ることは全然違うというのを頭に入れた上で生活していくことは最低限必要じゃないかなと思いますね。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました